浪江とあたし、ときどき田村。

浪江に住み始めた主婦のブログ・立ち上げた地域団体「なみとも」の情報も綴ります♪

家族のカタチ2

しばらく前にブログで、

家族のカタチとして皆さんに里親登録のこと、里子ちゃんが来たことを報告しましたが、早くもお別れがやってきました。

f:id:naokobax:20190530174112j:plain

 

今回は実親さんとの暮らすための生活環境が整ったということで「家庭引き取り」となりました。施設ではなく、家庭に戻ります。

児童相談所→わが家へ委託→実親さんちへ家庭引き取りという流れ)

身近な方々には報告できたので、ここで詳しいお別れのことについては話しませんが、

でも、この里親制度をめぐって気になったことについて、少し残しておこうと思います。

 

f:id:naokobax:20190530172338j:plain

すやすやの里子ちゃん

 

 

 

里親制度そのものについては3月のブログにも書いたように、制度自体がまだまだ浸透してなくて、初めて知ったという声や、身近にいるよ~なんていう新しい発見もあって、公開してよかったな~と思っています。

今回のお別れも、報告した際にとても温かい言葉をかけていただきました。

ありがとうございました。

 

「えっ!お別れっていうことがあるの?」

と、何人かから言われますが、「養育里親」という里親は、養子縁組が前提ではないので、こういうこともあり得ます。

長い人だと18歳までという長期委託の場合がありますが、短期委託ということもあります。

そのまま養子縁組を進める里親・里子もいるケースもあります。養子縁組すると戸籍に入り実子扱いになります。我が家ではそこまでいかず、3か月という短期委託で終了しました。

 

 

友人知人には本当によくしてもらいましたし、

我が家の状況も理解してくれました。

ただ、友人知人だけでなく、里親というものは行政や病院、銀行にもお世話になります。もちろんこれはいわゆる一般家庭でも同じです。

例えば児童手当や予防接種、子どもの口座関係(里親の口座も新たに作る必要がありました)など、一般的な手続きが必要になります。

 

ただ、友人知人にはわかってもらえても、行政や病院、銀行さんなどの機関では、0から説明しなくてはなりません。

児童相談所の職員に付き添ってもらって説明してもらったこともあり、本当に助かりました。

 

あたしが一番つらいなと思ったのは、

この制度が正しく理解・認識されていないということ。

 

こはちゃんと書いときますが、

あたしたちがお世話になった上記の機関の方々は、本当によくしてくださいましたし、児童相談所もフォローしてくれました。

 

ただ、

里親制度をよく知らず、児童相談所を敵対視(何かうらみでもあるのか?)するような言動が一部あったことも事実です。

「知らないこと」は悪いことではないです。

でも、偏見によって傷つけられる家族がこれからも出てくる(きっとこれまでもいたと思う)というのは、きっととても生きづらく、そこの家庭で育つ子どもも、もしかしたら負い目を感じるかもしれません。

 

里子とのことをオープンに出せない理由(個人情報や実親との関係等)もありますし、なかなか社会の中でまだマイノリティな形です。

 

でも、少しでもこういう家族のカタチを知ってもらい、お互い生きやすい世の中に、もっとできたらなぁと思います。

まずは、我が家はオープンにできる部分はオープンにしていこうと。

里子ちゃんといたのは3か月間という短い間でしたが、

間違いなく、そのほうがあたしも育てやすかったので。

 

あたしもまだまだ勉強中。

もしも皆さんの身近にこういう家族のカタチがあったら、

そういやこのブログでこんなこと言ってたな~~なんて思い出して

普通の家族として接してあげてください。

里親の悩みは一般家庭と異なる場合もあるけど、たぶん子育ての悩みは万国共通です。

 



もしもう少し知りたいなと思ったら、

どんなかんじなの?と

気軽に聞いてみてください。

もしくはぜひ本も読んでみてください。

 

分かりやすくいろんな記事がまとまってる、日本財団のホームページも参考になります。

http://happy-yurikago.net/




我が家から里子ちゃんは去って行ってしまったけど

またご縁がありますように。

バーベキューザンマイ

10連休にもなった今年のGW&平成→令和の時代変化のとき、みなさんどう過ごされましたか?

長かったけど大して遠出もしませんでした。。。

 

でも‼

 

GWの前後、あたしはバーベキュー三昧🍖🍖♡

肉は元気が出ます。

牛さん鳥さん豚さん。ありがとう。肉好きです。元気出ます。

 

✾4月20日

「なみえでみんなでBBQ」~~!!

田村市常葉町の川合精肉店。浪江にもゆかりがあります。

バーベキューインストラクター上級のたっちゃんを呼んで、自分たちでも焼きながらワイワイ♪

場所は浪江町権現堂集会所をお借りしました!

f:id:naokobax:20190529172214j:plain

20代~30代の独身男女を集めて何か生まれるかな~~という気持ちを込めて裏の名前は「アオハルコン」♡

f:id:naokobax:20190529172407j:plain

よく見て!この鳥の中に・・・ビール缶が!!!!!

これを蓋して炭で焼くこと1時間!

 

きれいに焼けました・・・♡(アップがなくてごめんなさい)

f:id:naokobax:20190529173558j:plain

うまかったぁ。。。柔らかくて。

ちなみにこの中に入れてたビール。残りをすこーし、飲んでみたら、、、、想像を絶する味でした。。。。絶対マネしないほうがいいですよ(フラグ)

他の肉もおいしくてみんなで満足。

f:id:naokobax:20190530165901j:plain

f:id:naokobax:20190530165929j:plain

しいたけもピーマンも丸ごと!

f:id:naokobax:20190530170012j:plain

玉ねぎの丸焼きはとろっとろ。

 

真の贅沢はこの景色。

f:id:naokobax:20190529174446j:plain

浪江の空ーーー!!

もうね、すごく天気も良くて、夕暮れからの一番星。

やっぱりバーベキューは景色が一番のうまみ。

 

そんで、さらに景色のいい場所へ。

あたしの地元田村市常葉町の山の上の絶景と言ったらココ!!

スカイパレスときわ

です!

f:id:naokobax:20190508170849p:plain

実はここでも、バーベキューが楽しめるようになりましたよ~🍖✨

 

✾5月6日✾

この日は、ここのバーベキュースペースがOPENする前に、プレとしてご招待いただきまして夫婦で行ってきました🍖♡

手ぶら日帰りでバーベキュー楽しめちゃう、お風呂も入れちゃう、そんなとこ!

f:id:naokobax:20190529175410j:plain

f:id:naokobax:20190529175417j:plain

この日はちょっと曇り空で強風で小雨(笑)なんですが、

(それゆえ食うのに必死すぎて肉の写真がない(笑))

 

晴れていればこんな景色‼

f:id:naokobax:20190530165107j:plain

360度阿武隈山系~~~🏔🏔🏔✨

f:id:naokobax:20190530165121j:plain

正式オープンは今年の夏位を予定しているそうですので、

よかったらHPをチェックしてみてくださいね( *´艸`)

 

 

そんなこんなでバーベキュー三昧なGWでしたが、

また夏に向けて浪江でもバーベキューとか流しそうめんとか

いろいろ楽しいことやっていこうと思います‼

恒例の春花火を撮ってきましたよ!

さぁ!しばらく更新もできておりませんでごめんなさい🙇

里子ちゃん(詳しくはこちら)の育児で毎日ママ業でした!(今も横で寝ています👶)

 

皆さん、浪江町って春は本当にいろんなイベントもありますが、

一番はやはり桜がきれいに咲き誇る請戸川のリバーラインと、目の前で打ちあがる花火でしょう!4月6日(土)に行われました。

去年の春花火は、イベント会場のまちなみまるしぇから見える高瀬川付近から打ち上げていましたが、

今回は震災前から行っていた場所である権現堂の集会所周辺でイベントが開催されました。出店もいっぱい!ステージイベントもいっぱい!偶然居合わせた仲間とともに、もつ煮を食べたりやきとり食べたり。

 

 

 

ささ!今年も撮ってきましたよ!📷

花火はもうちょっと撮りなれないと感がありますが、ご容赦ください(;´・ω・)

 

まずは夕暮れの請戸川リバーライン。

 

f:id:naokobax:20190508164324j:plain

逆光で撮るのも好き。

西の山に沈む夕日がすっごくきれいでした。

この日は風がものすごく強くて、もしかしたら花火上げられないかも・・・と心配していました。でも、このころになって奇跡的に風がやみ始めたんです!

f:id:naokobax:20190508163100j:plain

桜もほっとする。

しかもこの時点で桜は5分咲きくらいかな~って感じだったのが、なんと夜には・・・

f:id:naokobax:20190508162127j:plain

ライトアップ!

ちょっと白飛びしてわかりずらくてごめんなさいなんですが、ほぼ満開になったんです~~!!!すごい!!!寒かったのにどんどん咲いてきて仲間同士で喜び合っていました♪

 

 

そしてみんなお目当て、花火です!

f:id:naokobax:20190508162027j:plain

うーん、場所取りが課題ですね!!!(笑)

フレームの下に請戸川の桜です。この桜並木の下に大勢の方が桜越しに花火を見上げていました。

 

ブレてなかったら広報の表紙にできたんじゃないか(旦那談)と思った1枚。

f:id:naokobax:20190508162053j:plain

 

カメラを横で三脚に固定していたんですが、やっぱり縦のほうがいいかもと思って、手ブレ覚悟で手持ちで撮った1枚。

 

むず!!!

どうやって縦で固定すればよいのだろう・・・???

 

とても喜び溢れる春祭りでした。

 

 

 

そして、もう一度花火をとるチャンスがあったんですよ。

 

4月27日(土)浪江JCさんのイベントで、メッセージ花火の打ち上げです。

ほんとにこの町の人々は花火がお好きです(笑)

この日はものすごく寒く、里子ちゃんもいたのでお部屋から撮りました!

それがこちら。

f:id:naokobax:20190508162146j:plain

手前に街灯があるし、距離感つかめなくてレンズもう一つ大きいのにすればよかったなと思いましたが、自己満足なので良しとします(笑)

 

浪江の春は花火に始まり花火に終わる。

夏も楽しみです!

家族のカタチ

※町や自身の活動のこととは全く関係のない、個人的な内容です※

児童相談所から里子ちゃんを迎えました】

唐突な話題になっちゃいますが、

あたしたち夫婦は不妊治療の結果、血の繋がった子を授かることが難しいと昨年5月に判明し、同11月に児童相談所で「養育里親」と「養子縁組里親」の登録をしました。

気持ちとしては、社会貢献とか子ともがかわいそうだからとか、そんなんじゃなくて、

ただただ、“子育てをしたい”・“家族をつくりたい”という気持ちです。産めないけど、育てることはできると、少しずつ思えるようになりました。

そして待機すること3ヵ月。
今年2月末に委託の話があり、「養育里親」として低月齢の赤ちゃんを我が家に迎え現在育てています👶委託期間は短い里親です。戸籍上の親子関係はありません。

妊活、不妊治療、里親制度や特別養子縁組について、知っている方も、もしくはすでに経験のある方もいらっしゃるかもしれませんが、(ここには書きませんけど)あたしたちも本当にたくさん悩み、葛藤がありました。

特別養子縁組という選択肢もありだよね」と決めてからは、気持ちを切り替えて突き進みましたが、

里親や特別養子縁組についての認知度の低さを思い知りました(*_*;

※あたしたちの不妊の原因は「男性不妊」です。この認知度もものすごく低くて大変でした💦

だから、あえてオープンに書こう!と。

少しでも知ってもらえたら嬉しいです。

まずは、里親制度・特別養子縁組について、少し掘り下げたいと思います。

里親制度とは、さまざまな事情で家族と生活していない子どもたちが、家庭的な環境で健やかに育つことができるよう支援する制度です。(『子どものいない夫婦のための里親ガイド』引用)

つまり、「子どもの福祉のための制度」です。

里親になるには、児童相談所で研修を受け登録をする必要があります。登録までは、私たちは児童相談所の門をたたいて約4か月という期間でした。面談や家庭訪問などがあります。

登録してから委託までは本当にその児童相談所ごと、地域ごとで差が出ます。里親委託に積極的なところもあれば、施設へ入りそのままというところもあります。

<子どもを望む夫婦が子どもを迎えるには>

実子ではない子どもを迎えるには、二つの方法があります。

1つは上記のように児童相談所から迎える里親制度。養子縁組が前提でない「養育里親」と、縁組が前提である「養子縁組里親」があります。

※あたしたちはこの2つに登録しています。

もう1つは民間団体から迎える養子縁組です。インターネットで調べればたくさんあっせん団体が出てきますが、いくつか私たちも説明会を聞きに行きました。

いろいろと養親に対する条件があったり、費用がかかったりしますが、民間団体を通じて特別養子縁組で家族になった方々は大勢いらっしゃいます。

養子縁組の種類は2つ。普通養子縁組では、養子縁組が成立した後に生みの親と子どもの親子関係は継続、特別養子縁組はその関係が終了し、育ての親が「親」となります。

どちらにしても、この里親制度、特別養子縁組は、子どもが欲しい親のための制度ではなく、子どものための制度です。

あたしもたくさん本を読んだりネットで勉強したりしましたが、これは自分事にならないと、もしくは身近にそういう家族がいなければ、多分知らなかったことだったな・・・と思います。

<子どもの虐待の実態>

これに関しては増加傾向にあり、平成28年度中に全国210か所の児童相談所児童虐待相談として対応した件数は122,578件で最多件数です。

生みの親のもとで育つことができない子どもも、日本財団によれば約46,000人で、その8割を超える子どもが施設で暮らしているそうです。


日本財団より
https://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/happy_yurikago/infographics

毎日のようにテレビで流れる虐待や赤ちゃんが亡くなるニュース。あたしにとっては他人事ではなくなりました。

なかなか自分事として受け止めることは難しいかもしれないけど、こういう制度とその中身について理解を深めることは、きっと無駄じゃないと思います。

児童相談所は、育児中のお母さんがSOSを出せる場所でもあるということも初めて知りました。

何かが起こってしまう前に。

言葉の通じない赤ちゃんと24時間過ごし、外出もできず、今までの生活サイクルが崩れ毎日寝不足が続くと、数か月で身体はボロボロ、判断能力や感情もなくなりかねないです。

身近にSOSを出せる人や機関、そのSOSに気づける人たちが、本当に必要です。

少しでも身近に感じていただければ!

f:id:naokobax:20190328172642j:plain

ちなみにあたしが読んだ書籍は以下の通り。

>>『子どものいない夫婦のための里親ガイド―家庭を必要とする子どもの親になる』著者:吉田奈穂子

>>『子どものいない夫婦のための養子縁組ガイド―制度の仕組みから真実告知まで』著者:吉田奈穂子

>>『産まなくても、育てられます』著者:後藤絵里

あたりまえの生活を

しばらくブログの更新が滞っておりましたが、みなさん、あたしは元気です(笑)

 

 

年が明けて、浪江町にも明るいニュースが増えてきて、生活者として嬉しい限りです。

先日は、イオンが今年町内にオープンするということも発表され、陰でご尽力された皆さんには本当に感謝しかありません。

明るいニュースの裏には、その現場で日夜、平日休日問わず頑張っている方がいるのです。

本当にありがとうございます。

 

 

実はその噂のイオン浪江店(仮)の店長さんとお話する機会がありました。

どんなものがお店にあると町の人たちがうれしいのか?と、店長自ら町の人が集まる場に来てくださいました。

 

おそらく、ここに住んでいる、または関わっている方々以外からすると、町には高齢者しか戻ってきていないと思われていると思いますが、実際はそうではありません。

確かに数としては少ないですが、20代の若い人や子育て世代の方も住んでいます。

なんなら赤ちゃんもいます👶✨

 

だから、イオンにもおじいちゃんおばあちゃん向けの商品ばかりではなく、子ども向けの商品(おむつやミルクなど)や、生活に彩を添えるもの(お花等)もあったらいいですよね。

(ちなみに今はお墓参りのお花を買う場所が限られているので、皆さんいつも苦労されているそうです。)

 

 

それから今浪江に住んでいる方々の生活スタイルに合った生鮮食品も。

 

お肉は何を主に食べますか?

よく食べるお魚は何ですか?

どのくらいの量を食べますか?

どこのお醤油がいいとかありますか?

 

 

細かく質問してくださるスタッフさん|д゚)💡

 

 

こちらも、

・やっぱり魚は旬のもの。お刺身が食べたい🐟

・100均のようなものがあったらいいなぁ💰

・やっぱりお弁当は需要があるよね🍱

・大きいパックも使うけど今は一人暮らしの人もいるのでお肉は小分けもほしいね🍖

・日用品、消耗品もほしいね🚻

・みんなイベント好きだから仕出しや大きいペットボトルの飲み物は必要🍹

・今年は子どもも増えるから新生児用のおむつとかも👶

 

 

などなど、約1時間、すごく充実したお話ができました。

 

 

 

 

 

浪江町の居住人口は2月末現在で910名。

1月末よりも15名近く増えています。

 

あたしはこの“少しずつ感”が好きです。

いきなりバッ😲っと変わるよりも、ゆっくりのほうが身体や心にじんわり、環境も馴染んでくる感じです。

 

イオンの商品も、少しずつでいいと思います。

 

全部いきなりよくはならないので、

この少しずつ少しずつ、大事にしていきたいと思います。

今日は3.11だけど、

いつも通りの日を送ります。

 

 

写真は、最近ほったらかしのピノ子さん🐱

f:id:naokobax:20190311133147j:plain

 

浪江にスーパーできるってよ!

浪江も最近は春めいた空気になってきて気持ちがいいです。

まだまだ風は冷たいけど、梅も咲いていました😊

f:id:naokobax:20190213171555j:plain

これは浪江のマンホール。地域で柄が違うんです!これは田んぼの近くにあったマンホール。

 

 

そんでね、最近の浪江のこと、全然書いてなかったので、様子をば。

 

皆さんもニュースで知ってるかも!?

www.news24.jp

一部避難指示解除から2年がたとうとしていますが、これまで浪江には「スーパーがないスーパーがない」と言われて、これで住民が帰るわけもないとか言われて、

いやでも25分車で走れば原町もある!ローソンでも何かと買える!と、強がってまいりましたが、

 

とうとう、イオンが進出してくるそうです。

今夏にも浪江にイオン進出 町民の帰還促進へ | 県内ニュース | 福島民報

f:id:naokobax:20190213172603j:plain

正直、ありがたいです。

やっぱり、「あっ、お豆腐なかった!」とか「ちょっとお野菜がほしいな」とか、「牛乳まとめ買いしたいな」とか、あるもんね。

 

なので、生鮮食品、きぼんぬです。

帰還が進むかどうかは、あたしは特に言及しません!

不便でも暮らし方次第です。

 

 

それからそれから、

お仕事についても。

 

「浪江で仕事って、何があるの?」とか

「若い人が住むには仕事がないと」とか

たくさん言われてきました。

 

あるんですよ!お仕事。

jp.stanby.com

バイト・正社員はもちろん。

ある人は、浪江に住まなくても、通って仕事をしに浪江に来てくれるだけでもいいと思うと、話していました。

 

これから個人的に興味があるのは、浜通り阿武隈山系の木材・CLT技術について。

これはまた別な機会に書きたいですが、やっぱりここにある資源はどうにかして活用できるようにしたいですよね。

 

 

 

あとそれから、請戸小学校を震災遺構として残す提言がされたこと。

www.asahi.com

あたしも何度も足を運んでいますが、ここは見るたびに毎回違う気持ちになったり、ここで被災はしていない自分でも、あの時のあの瞬間に心が戻ってしまったりする場所です。

 

ここで起こったことを、後世に伝えるためのたくさんの情報がこの請戸小には残されているのだと思います。

 

 

ついでに、2019年1月末現在の浪江町の居住人口です!

居住人口:896人(12月末から+23)

世帯:596世帯(12月末から+22)

 

ちょっとずつ増えています!(^^)/

グルーガンで作れるものはこんなにあった

先週、

とある浪江のイルミネーション実行委員会の方々が、町の人たちと手作りでイルミネーションを作って飾りつけしました。

 

手作りしたのは、こちら!

f:id:naokobax:20190119151126j:plain

なんと小物づくりや工作のときによく使うグルーガンで作りました!

あたしもやってみました。

f:id:naokobax:20190119151930j:plain

こんな感じ♪

 

いろんな色でつくったオーナメントを、透明グルーで埋めていくと、後ろのライトに反射して綺麗に見えるイルミネーション✨

f:id:naokobax:20190119151206j:plain

このうけどんも作りました!!結構難しかった💦

f:id:naokobax:20190119151145j:plain

 

f:id:naokobax:20190119151144j:plain

ちなみにこの場所はどこかというと。

権現堂区集会所!

以前、なみともという団体でなみえあるもの探しをした際に使用した集会所です。

窓には浪江のシンボルである、馬と、波と、鮭・・・・?

間違いなく鮭ですね!!

注:イルカとかクワガタとかいう人もいますが違います(笑)

 

f:id:naokobax:20190119151157j:plain

こちらは別の方が作った今年の干支、イノシシ🐗

すごいです!下に何のイラストも敷かずに、フリーハンドで描いたそうです。すごく上手ですよね!

 

 

f:id:naokobax:20190119151218j:plain

集会所に設置してあるイノシシよけの柵にもイルミネーションをあしらってあります。

 

今月末(2019年1月末)まで点灯して、また桜の時期、横にある請戸川リバーラインの桜が咲くころに、また点灯するかもしれないということでした~(^^)/

みなさんもぜひ見にいらしてね!

 

場所はこちら(役場から車で約1分)

f:id:naokobax:20190119153053p:plain